◎京都 着物で散策  雨の日のお出掛け 美術館へ
                   北野常富 展 観覧記        北野常富展 ポスター  

さぁ!行かんとて、勇んで着物を着ましょうぞ



涼しい夏のお座敷で
着付練習会の後
そろって「はいチーズ」

京都駅ホームでも 無茶 目立つ一行!

庭園は雨に洗われ一段の深い緑
菖蒲の紫も見頃
 ロビーで一服  

おばあちゃんの絽綴れ帯
駒絽 単衣 に良く似合って 素敵!

立礼のお茶席ではいポーズ

お土産の多面鏡 (美術館shopで)
『おー○○さんがいっぱい居はる!!』


こんな感じかしら・・

ね!おもしろいやろ
うんうん

青梅・もみじ・お抹茶 500円でした

さて、帰りも雨、支度をしっかりね

きものさんぽ七人女  お茶席:夕照(せきしょう)庵の前で

かなりの雨量の一日でした。雨のお出かけも
『この経験で、雨の日に着物を着るのが平気になりました!』と感想を寄せられたメンバーも。
               絹は、やはり 水に一番弱いもの。  雨の日は 
撥水加工してある着物を選んで着る(又割り切ってポリエステルでもいいでしょう)
雨コートでしっかり防ぐ
浴衣など洗濯が効くものを着るのも ぐー です
大きい傘をさす蛇の目は大きくて雰囲気も出して私のお気に入りです
雨用のぞうり・雨下駄(またはつまがけした下駄)で足元を注意して歩く
      を心がけてください
帰られたら、 しっかり点検。ひどく縮んだり「泥はね」がひどい時は早めに着物のプロに修復してもらいましょう。
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index