◎着物でクラシックコンサート

ご年配のご夫婦、ダンディーな男の方のコート姿
今年も1月19日に、
すてきにきものでクラシックが開催されました。

もう10回目を数える着物好きに恒例のコンサート。
会場の京都コンサートホールには
京都だけでなく近畿地方の遠方の方も来られていました。

コンサートホールのロビーで友人と待ち合わせ?

会場のあちこちでカメラが活躍
「ハレ姿」でピース!

ひときわ目を引いた優しいピンクの小紋
裾にはなんと獅子舞が!
 

“きものさんぽみち”の第1番のコンセプト
『叔母あさまやお母様の衣装を楽しみましょう』
というのにぴったりの母娘さん。
大胆な斜めよろけ縞に、竹がデフォルメされた帯
なんとモダンな!
お洒落度最高

すてきな羽織、薔薇ですね。

小紋って着物の良さがとてもよく表れているようです。
この趣味が良くからりとした優しさは
舞妓さんの普段のお出かけ着に共通したものを想わせます。

この帯はご自作のアップリケ、お友達に大好評
 
かわいらしいー  仲良しさんは
「自分できものを着たけれど大丈夫かしら」と・・・
グーですよ!大成功ね
 
帯を文庫風に結ばれていて
良く似合っておられます。

優しい女の子さんはお母さんの小さい時の衣装を。
帯も堅く苦しいとすぐに脱いでしまいたくなるので
お母様が工夫されたお手製のちりめんの付け帯です

三人の方ともに、友禅の柔らかい小紋のよさが良く出ている衣装ですね。  優雅に 似合っておられますよ。

ショールを上手に使って暖かく、しかもお洒落になさっていました
今年は、羽織を良い感じに着ておられる方を良く見かけました。
羽織はいわばスーツのジャケット。
ちょっと前までは、お出かけに欠かせないアイテムでした。
コートは道中着なので訪問先で脱ぐ必要がありますが、羽織は着たままです。
羽織の前からのぞく、帯・帯揚げ・帯じめ、羽織の紐とのハーモニーが重ね着の、えもいえわれない魅力を作り出します・・・

上級お洒落アイテムの羽織を試みられたらいかがでしょう。

友禅や織物それぞれ個性に合わせて着こなしておられますね
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index