京都 着物で散策  
あなたと桜の饗宴、今年はどちらへお出かけされますお出掛けなさいますか  
 京都府立植物園
                        
 
 半木の道(鴨川畔)   しだれ桜 
 
 賀茂川の対岸からもきれいな眺め! 
 二条城
     
御殿建築が有名なニ条城ですが、きものさんぽみちの「二条城のページ]でも御紹介している庭園は、枝垂れ桜の並木道、清流園・二の丸庭園の見事な群生・種類の多さで見ごたえの有る桜園などなど、一見の価値ある隠れた名所です。桜園には、サトザクラ・ヤマザクラ・八重桜など 大変種類が多く、桜を堪能できる場所だと思います。お勧めは、うす緑の桜達、オオシマザクラや御衣黄(ぎょいこう) など、木に掛けられた名札を見ながらの散策をどうぞ。 白雪・琴平八重・簪・福禄寿・普賢象など、 めづらしい桜がいっぱいです。  
 京都御苑
    
  京都市の中心部27万坪の貴重な大公園となっている御所。宮家や公家の邸宅は、明治に全て取り壊されましたが、その後 公園として整備され豊かな生態系を包含した木々や植物群は、四季折々市民の楽しみになっています。大宮人の気分で散策を如何でしょうか。写真は、知る人ぞ知る名桜の一つ“近衛邸跡の糸桜”。ひな壇飾りの左近の桜の元となった紫宸殿前の桜も、これからが見ごろ(05/4/9現在)ぜひ一度どうぞ。
平安神宮 
 
常照皇寺の桜  
常照皇寺の天然記念物・九重桜 
常照皇寺の天然記念物・九重桜
 常照皇寺の名木・御車返しの桜
御車返しの桜
常照皇寺は、南北朝時代の北朝初代の光厳(こうごん)法皇によって貞治(じょうじ)元年(1362年)に開かれ、歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりのお寺。臨済宗天竜寺派に属する禅宗寺院です。府の史跡に指定されている境内には、国の天然記念物である「九重桜」をはじめ、御所から株分けしたといわれる「左近の桜」、一重と八重が一枝に咲く「御車返しの桜」など桜の名木があり、観桜期には賑わいをみせます。また、寺門前を流れる大堰川(桂川)に掛かる山陵橋からの保全地域の眺めも見事です。   jR京都駅から周山(JRバス)約1時間30分
 京都の町中桜の名所と言えるほどの4月。何気ない街角の美しい桜に見とれます。
┃ 閉じる×  ┃  Home  ┃   京都散策index